十和田市

絶景の湯

十和田湖温泉郷

十和田湖温泉郷について 住まば日本、遊ばば十和田、歩きゃ奥入瀬三里半 大町桂月が初めて十和田湖を訪れた明治41年(1908)、一行は五戸から新郷を経て、宇樽部までの道を歩いた。宇樽部と休屋に泊まり、蔦へ向かう。十和田湖からの帰...
絶景の湯

十和田湖畔温泉

十和田湖畔温泉について 必ずおもむいて、十和田湖を見よ 酒を愛し旅を愛した明治の文人・大町桂月が初めて十和田湖を訪れたのは、明治41年(1908)。雑誌『太陽』の編集長・鳥谷部春汀(トヤベ・シュンテイ)に紀行文を依頼されたのだ...
絶景の湯

蔦温泉

蔦温泉について 森の中の一軒宿 大町桂月がこよなく愛した十和田・奥入瀬・八甲田。そのなかでも、とりわけ惚れ込んでいた蔦の森と七つの沼、そしてお湯。ブナの森に囲まれた一軒宿のどっしりとした構えから、暖かな明かりが漏れていた。 ...
絶景の湯

猿倉温泉

猿倉温泉について 森のなかの出湯 標高850メートル。これより上は、アオモリトドマツの林になる。南八甲田への入口にある猿倉温泉は、ブナの森に囲まれた一軒宿である。冬は雪のために道が閉ざされ、営業を休む。八甲田でいちばん雪の深い...
タイトルとURLをコピーしました