共同浴場

媚びることなく、地域に育まれた象徴的存在の湯

湯治場

下風呂温泉郷

下風呂温泉郷について 本州の果ての湯治場 本州の北の果ての海辺を車は走る。波間から列をなして顔をあらわす岩の群れは、海藻やウニ・アワビなど磯漁の漁場だ。海を挟んだ向こうに見える青い山は、北海道。やがて、辺りに硫黄の匂いが立ち込...
湯治場

大鰐温泉郷

大鰐温泉郷について 湯治場の街 大鰐は古い湯治の街だ。農閑期になれば、津軽中からこの街へ湯治に集まるという一時代があった。米や林檎を商う人びとも、この大鰐に逗留したという。鉄路が輸送の主役だった時代、大鰐は津軽の奥座敷だった。...
湯治場

温湯温泉

温湯温泉について 共同浴場を囲む客舎 黒石から浅瀬石川をさかのぼるように十和田湖へ向かうと、その川縁に温湯・落合・板留という3つの温泉街が隣り合うように現れる。そのいちばん手前にある温湯温泉は、四百年の歴史をもつ、古い湯治場だ...
湯治場

落合温泉

落合温泉について 山あいの谷の湯宿の街 温湯温泉から浅瀬石川沿いに1キロばかりさかのぼったところに、落合温泉はある。川の対岸に板留温泉が見える。山あいの谷に湯宿の街がひっそりと固まって見えた。落合温泉には、比較的大きなホテルも...
一軒宿の湯

五戸まきば温泉

五戸まきば温泉について 池から湧いた温泉 五戸まきば温泉は五戸町郊外の丘陵地にある。もともとこの一帯は、牧草地であった。前社長の菊池徳太郎氏の祖母の小笠原永子さんは、この地で約20ヘクタールの牧場を経営していた。牛の水飲み場で...
絶景の湯

湯野川温泉

湯野川温泉について 山の奥深く、陽だまりのような湯 川内川の渓谷を眺めながら、車はさらに山深く遡る。マタギの集落「畑」をも越え、しばらく行くと湯野川の集落はある。ここに、三百年ほど前、川内の泉竜寺を開いた大英門突(ダイエイ・モ...
絶景の湯

十和田湖温泉郷

十和田湖温泉郷について 住まば日本、遊ばば十和田、歩きゃ奥入瀬三里半 大町桂月が初めて十和田湖を訪れた明治41年(1908)、一行は五戸から新郷を経て、宇樽部までの道を歩いた。宇樽部と休屋に泊まり、蔦へ向かう。十和田湖からの帰...
タイトルとURLをコピーしました