一軒宿の湯

街の喧騒から離れ、ひっそり佇む一軒宿でくつろぐ

一軒宿の湯

五戸まきば温泉

五戸まきば温泉について 池から湧いた温泉 五戸まきば温泉は五戸町郊外の丘陵地にある。もともとこの一帯は、牧草地であった。前社長の菊池徳太郎氏の祖母の小笠原永子さんは、この地で約20ヘクタールの牧場を経営していた。牛の水飲み場で...
絶景の湯

黄金崎不老ふ死温泉

黄金崎不老ふ死温泉について 夕陽海岸 日本海に少しばかり突き出した岬の突端に、黄金崎不老ふ死温泉はある。長い歳月のあいだ波風に洗われて風化し奇岩の続く海辺には、自然遊歩道がある。青森県の日本海伝いの地域である西海岸を、別名「夕...
絶景の湯

蔦温泉

蔦温泉について 森の中の一軒宿 大町桂月がこよなく愛した十和田・奥入瀬・八甲田。そのなかでも、とりわけ惚れ込んでいた蔦の森と七つの沼、そしてお湯。ブナの森に囲まれた一軒宿のどっしりとした構えから、暖かな明かりが漏れていた。 ...
絶景の湯

猿倉温泉

猿倉温泉について 森のなかの出湯 標高850メートル。これより上は、アオモリトドマツの林になる。南八甲田への入口にある猿倉温泉は、ブナの森に囲まれた一軒宿である。冬は雪のために道が閉ざされ、営業を休む。八甲田でいちばん雪の深い...
絶景の湯

温川温泉

温川温泉について 人里を遥かに離れた渓流の宿 浅瀬石川沿いの道をさかのぼり、十和田湖も近づいたころ、渓流の吊り橋を渡ると、森の梢の木洩れ日を浴びて静かにたたずむ湯宿があった。いかにも津軽の人らしい実直な女将が温かく出迎える。 ...
絶景の湯

青荷温泉

青荷温泉について にこやかに迎える津軽弁 やっと見つけた「よぐきたねし」(よくいらっしゃいました)という看板に出迎えられ、さらに進めば、電柱に「ゴイットカーブ」(急カーブ)と書いてある。なるほど360度は曲がったかと思うほど本...
絶景の湯

酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯温泉について 地域に愛されてきた湯治の宿 酸ヶ湯は、江戸時代から湯治の宿として賑わってきた、八甲田山中の一軒宿。ヒバ造りの佇まいが懐かしい。80坪もある総ヒバ造りの混浴「千人風呂」は、その名のとおり千人は入ろうかと...
タイトルとURLをコピーしました