aomori-onsen

文人ゆかりの湯

古牧温泉

古牧温泉について 青森の文化を体感する温泉 渋沢敬三や岡本太郎と縁があった古牧温泉。青森の祭りや郷土料理、湯治、方言、工芸品など、その文化に触れることができる「文化体感旅館」だ。 青森体感レストラン「みちのく祭りや」には、青森...
湯治場

下風呂温泉郷

下風呂温泉郷について 本州の果ての湯治場 本州の北の果ての海辺を車は走る。波間から列をなして顔をあらわす岩の群れは、海藻やウニ・アワビなど磯漁の漁場だ。海を挟んだ向こうに見える青い山は、北海道。やがて、辺りに硫黄の匂いが立ち込...
湯治場

大鰐温泉郷

大鰐温泉郷について 湯治場の街 大鰐は古い湯治の街だ。農閑期になれば、津軽中からこの街へ湯治に集まるという一時代があった。米や林檎を商う人びとも、この大鰐に逗留したという。鉄路が輸送の主役だった時代、大鰐は津軽の奥座敷だった。...
湯治場

碇ヶ関温泉郷

碇ヶ関温泉郷について 出湯の歴史は街の歩み 碇ヶ関は、秋田県境に近い国道沿いのひなびた温泉街である。初めて湯浴みしたのは、この街を築いた津軽の殿様だと、伝えられている。湯があったから本陣を置いたのか、町を造ったから湯が見つかっ...
湯治場

温湯温泉

温湯温泉について 共同浴場を囲む客舎 黒石から浅瀬石川をさかのぼるように十和田湖へ向かうと、その川縁に温湯・落合・板留という3つの温泉街が隣り合うように現れる。そのいちばん手前にある温湯温泉は、四百年の歴史をもつ、古い湯治場だ...
湯治場

落合温泉

落合温泉について 山あいの谷の湯宿の街 温湯温泉から浅瀬石川沿いに1キロばかりさかのぼったところに、落合温泉はある。川の対岸に板留温泉が見える。山あいの谷に湯宿の街がひっそりと固まって見えた。落合温泉には、比較的大きなホテルも...
湯治場

板留温泉

板留温泉について 川沿いに並ぶ小さな温泉街 温湯・落合・板留と続く浅瀬石川沿いの温泉街のいちばん奥。落合温泉の対岸にある小さな鄙(ヒナ)びた温泉街だ。湯宿のほかには何もない。すぐ近くに、中野の紅葉山、黒森山の浄仙寺があり、また...
一軒宿の湯

五戸まきば温泉

五戸まきば温泉について 池から湧いた温泉 五戸まきば温泉は五戸町郊外の丘陵地にある。もともとこの一帯は、牧草地であった。前社長の菊池徳太郎氏の祖母の小笠原永子さんは、この地で約20ヘクタールの牧場を経営していた。牛の水飲み場で...
絶景の湯

黄金崎不老ふ死温泉

黄金崎不老ふ死温泉について 夕陽海岸 日本海に少しばかり突き出した岬の突端に、黄金崎不老ふ死温泉はある。長い歳月のあいだ波風に洗われて風化し奇岩の続く海辺には、自然遊歩道がある。青森県の日本海伝いの地域である西海岸を、別名「夕...
絶景の湯

鯵ヶ沢温泉

鯵ヶ沢温泉について 海の町の温泉宿 鰺ヶ沢は弘前領随一の北前船の湊であった。むかしから漁業も盛んで、西海岸の海産物が集まってくる。そういう海の町の温泉宿は、塩分の強い掛け流しの温泉。北の海で捕れた新鮮な魚介を食べることができる...
タイトルとURLをコピーしました